「冬の御香の会」のお知らせ

TSUMUGI JAPANは日本の四季折々にちなんだ御香の会を、都内の名園を会場に開催しております。
これまでも和文化が好きな女性から会社員の男性まで、香道を知らない方も興味深くご参加頂き、数種のお香の香りを五感で楽しんで頂きました。
温められた香木から漂う雅びな香りは身も心も澄みきった心地になります。
初めての方も是非お気軽にご参加ください。
和の香と共に彩られた歴史と文化にふれてみませんか

真の癒し~心とつむぎ 『冬の御香の会』

香道は、平安時代から続く「香」の文化を芸術に昇華させた茶道華道と並ぶ三大芸道の一つです。
絹糸のように細く紫にくゆる香を眺めての香り遊びは無の境地に吸い込まれます。
日本人は古来からたくみ稀な感性をもって侘寂の思いを心の絃で奏で詩誌に物語に表現しています。
早春の花ごよみのさきがけ、雪中の梅清香高い水仙、霊木の椿をめでる候、かつて芭蕉の庵室の史蹟芭蕉庵で閑寂なひと時をお過ごし下さいませ。

『 聞香(もんこう)/ 香遊び 』とは

香りを楽しみ、日常を離れた集中と静寂の世界に遊ぶことを目的とします。
一定の作法のもとに香木をたき、立ち上る香りを鑑賞します。
どなたでもお気軽にゲーム感覚で四季の組香(くみこう)お楽しみいただけます。

講師は、香楽家 小西千鶴さんです。

「日本の類稀な感性から生まれた教養伝統文化であるお香の語り部でありたいと思っています。」
随筆家・画家・能楽家であり、幼少期より日本文化に親しまれ、豊かな才能を活かし多方面で活躍されてます。
穏やかな気品で、香道の基本を丁寧にご指導下さいます。

場所は目白『関口芭蕉庵』 です。

俳人松尾芭蕉が神田上水の改修工事に従事した際にこの地で3年間過ごし、後に建てられた龍隠庵(りゅうげあん)が芭蕉を慕う人々によって『関口芭蕉庵』と呼ばれるようになりました。池や庭園などもかつての風情を留めた造りとなっています
Sekiguchi Basho-an

最寄駅から離れていますので、お越しの際はバスをご利用になると便利です。

文京区コミュニティバス「Bーぐる」 「目白台1丁目」より徒歩5分
文京シビックセンター(東京メトロ南北線「春日駅」前)または東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から乗車、「目白台1丁目」下車
B-ぐる運行サービス から時刻をご確認ください。
都バス白61「目白台三丁目」より徒歩6分
練馬車庫前⇔新宿駅西口 経由地:「目白駅前」・「ホテル椿山荘東京」
目白駅または新宿駅西口からお越しの方は都バスが便利です。

芭蕉庵の周りには多くの史跡や庭園などの名所が点在しますので、
お散歩コースとしてもお楽しみいただけます。

開催スケジュール

【日 時】 2014年2月11日(火・祝日)

[一回目] 11時~12時30分(定員15名)
[二回目] 14時~15時30分(定員に達しました)
※受付は開始10分前です。
[交流会] 17時~19時 ホテル椿山荘東京「そば処無茶庵」

【料 金】

[一 般] 5,000円
[会 員] 4,500円 (共に税込・材料費込)
[交流会] 4,000円
●三井住友銀行 恵比寿支店656  普通預金8724150
●ゆうちょ銀行 〇一八支店018  普通預金5108197
「一般社団法人TSUMUGI JAPAN」
※誠に恐れ入りますが、振込手数料は貴殿にてご負担をお願いいたします。
※多数のお申込みが予想されますため、お申込みから3日以内にお振込み頂きますようお願い申し上げます。
※ご納入確認が出来ない場合はキャンセルとなる場合がありますのでご了承下さい。

【持参するもの】

筆記用具(ボールペンや筆ペンなど)
※この機会に是非お着物でお越し下さると、より雰囲気を楽しんでいただける事と思います。

【お申し込み・お問い合わせ】

株式会社BE GLAD PRODUCE    TEL 03-3791-2003
是非この機会に、日本文化の素晴らしさをご体験ください。